C1 英語

21世紀型教育機構 第2回「新中学入試セミナー」

2018年2月18日、工学院大学新宿キャンパス アーバンテックホールで、≪21世紀型教育機構 第2回「新中学入試セミナー」を開催しました。セミナーについての記事は後日掲載いたしますが、セミナー全体を貫いた「グローバル教育3.0」の考え方について、最後に工学院の校長平方先生(同機構副理事長)がまとめました。

プレゼンのときに活用したパワーポイントの中の1枚に、コンパクトにまとめられている表がありましたので、それをここに掲載します。

 

 

21世紀型教育機構のすべての加盟校は、「グローバル教育3.0」を実践しています。各加盟校のその具体的実践については、今後も当サイトでお知らせしていきます。私たち機構の日々の実践の積み上げは、同時に自己変容の過程でもあります。

この過程は、2020年度の大学入試改革まで、続きますが、その時点で、国内の改革と21世紀型教育機構の改革には差異が明快になるはずです。

そのことに世間が気づいたとき、私たちは、次のステージに移行していると思います。

「グローバル教育3.0」の実践は、次のステージへの跳躍台となるでしょう。

そうならなければ、世界の国々と未来のイノベーションを共有できないフリーズした日本を子どもたちに押し付けることになるからです。