PBL

7月24日 英語哲学対話オンラインワークショップが無事終了

21世紀型教育機構では、昨年に続き、今年も英語哲学対話をオンラインで実施しました。

「英語」と「哲学」はどちらも、多くの日本人がなるべくなら関わりたくないと感じているものかもしれません。しかし、「世界」で人々と対話するには、どちらも必須のスキルであることは誰もが認めるところではないでしょうか。そんな2つのスキルを駆使して公開授業を行うというスリリングなイベントに、8名の「強者」が参加してくれました。夏休み前の学期末試験で忙しいさなかに応募してくれた生徒のみなさん、そして彼らのチャレンジ精神を鼓舞し、サポートしてくださった先生方にはこの場を借りてお礼を申し上げます。

  • 文化学園大学杉並 AAさん
  • 文化学園大学杉並 TYくん
  • 静岡聖光学院   HOくん
  • 富士見丘     MGさん
  • 富士見丘     MIさん
  • 富士見丘     WHさん
  • 工学院大学附属  KOくん
  • 工学院大学附属  HNくん

 

英語ディベートや模擬国連などでも高度な英語力は必要ですが、哲学対話では事前の準備がなく、その場の対話によって話の方向性が変わっていくという点に面白さがあります。その意味では最も実践的な応用を可能にするアプローチが「哲学対話」だと言えます。

 

このイベントの開会挨拶で、21世紀型教育機構会長の平方邦行先生は、「問いを創造性に転換する技術としての対話」というイベントの副題から「彫刻と哲学」というトピックヘと思考を飛躍させ、弥勒菩薩とロダンの「考える人」の対照について考察を開始しました。

これぞ、哲学対話の開会挨拶という刺激に満ちた開会の挨拶をしていただきました。東洋と西洋の比較を通して、私たちが何者であるかに迫るのは、まさに今回のイベントの趣旨と重なる部分です。

開会の挨拶から約3時間、途中10分の休憩をはさんだだけでずっと英語での対話を続けてくれた生徒たちは、さながら未来の日本からやってきた留学生のようでした。

今回のイベントは、21世紀型教育機構のメンバー限定公開でしたが、ダイジェスト版の動画は近日中にアップして皆さんに公開したいと考えています。

 

【21世紀型教育研究センター主催】次世代SGTの授業デザインワークショップ

 

東京都に緊急事態宣言が発令されることを受けて、本イベントはオンラインでの実施に切り替えることにいたしました(2021年7月10日)。進行はチラシにある通りです。

21世紀型教育機構の教育研究センターでは、Z世代が活躍する未来を創り出す授業デザインを日々研鑽実践しています。これは、21st CEO加盟校が毎年実施協力しているアクレディテーションの授業評価がベースになっています。21st CEOのアクレディテーションは、ふだんの授業においてプロジェクトベーストラーニング(PBL)がどれほど浸透しているか、また生徒同士による学び合いを授業にどれほど取り込んでいるか(PIL)などといった観点で、加盟校の授業を外部評価するもので、21世紀型教育を実践している認定をする機能を担っています。

知識は、外部化されたものとして「覚える」ものではなく、学習者の中で内面化されてこそ意味を持ちます。このことを方法として授業に取り込むのがPBLで、授業形式だけではなかなか真のPBLであるかどうかは判断できません。そこで、教育研究センターでは、年に何回かワークショップを開催して、PBL型授業の研究開発および啓蒙活動を実践しています。

今回のワークショップは2年ぶりにリアルでの開催となります。オンラインでのツールが進化していますが、PBLの真髄は対面でこそよりよく発揮されるのですから、今回のワークショップで得られる気づきはたくさんあることでしょう。ただし、会場の人数を制限させていただいている関係で、今回のイベントは21世紀型教育機構加盟校の関係者限定とさせていただいています。ワークショップの模様の一部は、後日動画でご紹介する予定です。

イベント案内はこちら

21世紀型教育にご興味や関心のある方はこちらの問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Tags: 

PBL/STEAM: Our Online Workshop

The 21st CEO held an online workshop on Sunday, July 19th, as a collaborative project between member schools.

In the first session, teachers participated in a dialogue surrounding “Critical/Creative Thinking (C/C Thinking) lesson design”, and in the second session both students and teachers discussed the potential for a world in which happiness is increased.

 

Teachers participated in this event on their own initiative, even though it was a holiday. Everyone dressed casually, and it was nice to see students make an appearance as well. One of the great things about online events is that, just as we did, you can join as yourself. I may even remove my default background next time too.

 

The atmosphere may have seemed unrefined, but the teachers of the 21st Century Education Organization are very well informed, with information about PBL and STEAM being shared in symposiums, seminars, and workshops year-round. After discussing example lessons being practiced at each school, teachers will then be able to go beyond the immediate boundaries of the subject and dive into the essence of learning. Also discussed in the subcommittee I participated in, were topics such as how to exchange experiences and theories, how to set hypotheses and landing points (or dare not to set them), and whether or not teachers should present a variety of perspectives, (vs. allowing students to discover their own.) Also included was the topic of changing roles and what effect it might have, as well as introducing digital tools, and what unexpected creativity they may bring about as a result. 

  

Despite an intersection of subject matter, a keen awareness of the issues in each area were reflected, so the dialogue remained grounded. I felt a strong sense of the type of experience I could facilitate while teaching, as opposed to tossing around words like PBL and STEAM without knowing about their practical applications.

 

In the latter half of the workshop, two students participated in each group’s dialogue surrounding the "design of a happy world." Here, teachers and students were on par with each other, which is an advantage of online workshops. In the group I participated in, the personalities and assertions of the two students shined, and I really felt that the future was in their hands. It was an experience in which the “teachers” of the group felt inspired. I realized just how necessary it is to strive toward and design a happier world. The purpose of STEAM's “A” may indeed be to breathe heart into technology.

 

The teachers facilitating this session were also impressive. Mr. Ayumi Tanaka, general coordinator, demonstrated his mastery of digital tools when he followed a student who left the room due to Wifi trouble to a private chat, all whilst participating for the duration of the session. Shizuoka Seikogakuin’s Mr. Tashiro, and Mr. Arai of Wayo Kudan were amazing facilitators in that they paid close attention to the students' reactions; casually controlling the material presented. The ability to use digital technology may be essential for future facilitators. I also want to thank Mr. Yutaka Ito of Seigakuin, for requesting a facilitator for the subcommittee. The shared meeting, which lasted under 30 minutes, allowed us to fully understand the purpose of the event.

 

As the organizer, I would like to express my gratitude to the member schools of the 21st Century Educational Organization, in which the teachers and students are endlessly inspiring. Following this dialogue, I'm looking forward to seeing what the students will present online at our meeting on August 23rd.

Tags: 

【21世紀型グローバル教育】工学院大学付属中学校・高等学校

工学院大学付属中高(以下工学院)のホームページを少しでも覗いたことのある人であれば、「21世紀型グローバル教育」がどういうものであるかがすぐにイメージできるかもしれません。

工学院では、以前から「グローバル教育3.0」という表現を使っています。それは、短期語学研修という意味合いの強かったかつてのグローバル教育から、中長期留学による西洋文化や英語学習を含めたグローバル教育2.0、さらにその先にある現在のグローバル教育が「グローバル教育3.0」ということになります。現在もなおアップデートし続けている同校のグローバル教育は、欧米中心の見方だけではなく、まさに地球的規模で考え行動を起こすという意味で、バージョン3.0という名称に至ったのでしょう。

ハイブリッドインターの高2生はカンボジアに出向き、現地の起業家のパートナーとして社会問題の解決に取り組む「MoG=Mission on the ground」と呼ばれる活動を行います。このようなプロジェクトに参加することで生徒は机上の学びだけではなく、現実の世界の中で様々な困難を克服する術を学んでいきます。
 
SDGs(持続可能な開発目標)の中から自分が取り組んでみたいことを考え、世界の人々が直面している問題を解決するグローバルプロジェクトも同様の活動です。

 

工学院の学びはスキルや思考でとどまらず、その力を現実社会で発揮することまで期待されています。MoGやグローバルプロジェクトに参加することは、探究で養ってきた学びの力を、世界に貢献する力に変換してくれる機会となります。そのような「自己変容型の知性」を身につけることが工学院での学びの意義なのです。

 

そのような学びの成果は当然大学合格実績にも表れています。2020年度は、医学部医学科 4名、海外大学 11名、国公立大学 9名、早慶上理 11名とあります。特筆すべきは海外大学の合格実績で、主なところを挙げただけでも次の通りです。

(アメリカ)
University of California , Davis 55位
Michigan State University 84位
Rutgers University 130位
The University of Alabama at Birmingham 172位
University of California , Santa Cruz 179位
(イギリス)
University of Exeter 146位
University of East Anglia 192位
 
順位:Times Higher Educationによる世界大学ランキング2020

 

世界大学ランキングで200位以内に入る大学というのは日本で言えば東大と京大だけです。上記大学の合格実績の凄さがよくお分かりになるのではないでしょうか。

21世紀型グローバル教育については、9月19日(土)と27日(日)のオンラインセミナーで21世紀型教育機構の各加盟校の取り組みなどをご紹介します

 

 

「21世紀型グローバル教育 オンラインセミナー」 英語哲学・PBL体験 同時開催

9月19日(土)・27日(日)の両日、21世紀型教育機構による「グローバル教育 オンラインセミナー」が開催されます。21世紀型教育機構の各加盟校が考える「グローバル教育」の本質を2日間に分けてお届けします。こちらのイベントは終了しました。多くのご参加をいただき、ありがとうございます!!

今回のイベントを2回に分けたのは、海外に暮らしている小中学生やその保護者に日本の新しい教育の動きを知っていただきたいという理由からです。特に日本と時差の大きいヨーロッパやアメリカからも参加いただけるように、土曜の夜と日曜の朝に開催することにいたしました。もちろん、日本国内の小中学生はどちらの日程でもご参加いただけます。

タイムスケジュールは次の通りです。メインルームは保護者用のセミナーが実施されます。生徒が参加するイベントはZoomで別の会議室をご案内しますので、ご自宅にパソコンを2台ご用意いただくか、メインルーム視聴用には、スマートフォンをご利用いただくのがよいかもしれません。イベントに参加する場合は、マイクとカメラをオンにしていただく必要がありますので、メインルームの視聴している音声がパソコンのマイクに入らないようにご留意ください。

9月19日のイベントは、Philosophy(英語哲学対話)です。哲学というと難しく感じるかもしれませんが、結論を一つに決めるタイプの議論ではなく、チームメンバーがそれぞれの論理を出し合い、対話を重ねながら、合意を形成していくスタイルの授業です。21世紀型教育機構では、このような「哲学対話」を重視しており、19日の体験授業イベントでは、英語哲学対話を実施いたします。英語哲学対話のイメージを持っていただくには、7月に行われた21世紀型教育機構加盟校の生徒たちによる対話を動画でご参照ください。→英語哲学オンラインのディスカッション

参加にあたっては、英検準1級レベル以上が望ましいですが、考えることが好きで、英語でコミュニケーションできる小中学生であればどなたでもご参加いただけます。

 

9月27日のイベントでは、PBL(プロジェクトベーストラーニング)の体験授業を実施します。

PBLは、海外の現地校やインター校で学んでいる生徒にとっては、馴染みのある授業スタイルでしょう。生徒自らが主体的にゴールを設定し、そこに向けてチームでリサーチや対話をしながら、成果を発信するタイプの学びです。21世紀型教育機構加盟校では、いずれの学校もPBLの学びを学校全体で推進しています。その授業スタイルを体験してみてください。

トークセッションでは、各加盟校の教育内容だけでなく、学校の垣根を超えてこれからの日本の教育の在り方についても話をしていきます。

9月19日イベントのお申し込みはこちらから。

9月27日イベントのお申し込みはこちらから

 

8月23日(日)開催「中高生によるオンラインプレゼンテーション」-幸福度が高まる世界のデザインとは?

21世紀型教育機構では、8月23日(日)にオンラインプレゼンテーションを実施します。21世紀型教育機構加盟校の生徒であれば、だれでも参加可能です(今回は初めてのイベントのため、21世紀型教育機構に学校を限定させていただきます)。

参加を希望される方は、こちらの申し込みフォームからエントリーをお願いします(事前に学校の先生に連絡しておいてください)。

 

英語哲学オンラインのディスカッション

7月11日に行われた英語哲学オンラインの様子を一部ご紹介します。 参考記事はこちら

21世紀型教育機構会員校の中1から高3までの生徒11名が集い、哲学対話を英語で行いました。教科知識をどれだけ身につけたかといったこととは関係なく対話が可能になるのが哲学の良いところです。 現状では字幕はついていませんが、ぜひ耳を澄まして彼らのメッセージを聞いてください。英語力もさることながら、思考力と、その考えを伝えようとする姿勢が大切であることが分かります。

機会があればぜひ、21CEO以外の学校の生徒もこの対話の輪に参加していただければ幸いです。

2020年度21CEO第1回オンライン定例会「学びの未来へ」(5)

21世紀型教育機構は、グローバル教育3.0を確実に実現するために、細かな項目によって外部評価を受ける仕組みを取り入れてきました。

例えば「高校卒業時に英語力がCEFRのC1レベルに達している生徒が全体の30%に達しているかどうか、B2レベルの生徒はどうか」などといった細かな項目によって、毎年アクレディテーションを行い、認定証を発行しています。福原将之氏と神崎史彦氏にアクレディテーションを委託しているのは、お二方とも会社経営者として独立しており、それぞれICTやPBLといった面における専門性を発揮しつつ、学校の成長を定点観測できる立場にいるからです。

また、教育関連の著書を出版し、講演会でも活躍されている理事の石川一郎先生にもアクレディテーションにおける考え方の後方支援をお願いしています。思考コードやブルームタキソノミーによる思考の次元の分類などを様々な場で広めていただいています。

石川先生からは、21CEOでキーワードとしていた「創造的破壊」が本当に到来したという見方が示されました。これまで自明だった世界がある意味で破壊されたのが、今回の危機であるが、それはしかし、次の世界を創り出す機会でもあるのだというビジョンに基づくものです。

時代は変わっていきます。かつて英語到達目標をCEFRのC1と掲げた時、機構の外部にいる教育関係者の中には現実離れしているという冷ややかな態度をとった人もいましたが、「世界の学校」に仲間入りするにはどうしても必要な目標基準の一つです。日本の大学に進学するのでも世界と対話できる力を身につけることが必須のスキルだという考え方からすれば、C1レベルを目標にすることは論理的必然であるわけです。

現在の加盟校はすべてクオリティ21世紀型教育校以上のスコアをクリアしている学校で、さらにそれぞれの目標を掲げて邁進しています。

今回の新型肺炎による休校は、オンライン学習への対応力が問われるものとなりましたが、すでにタブレットやラップトップが生徒全員に行き渡るように準備していた21世紀型教育機構の学校にとっては、その対応は至極スムーズに行われることになったわけです。

その対応の早さについては、首都圏の私立中高を中心に150校ほどのアンケート調査を行った首都圏模試センターの山下氏や北氏からもお墨付きをいただくほどでした。アンケートの結果からは、公立に比べて私立のオンライン導入が進んでいた結果は明らかだったということですが、中でも21世紀型教育機構加盟校の動きの早さは群を抜いており、保護者にもっとアピールできる点でもあるというアドバイスをいただきました。

21世紀型教育機構の基準からすればオンライン対応は当たり前です。Web 3.0=グローバルイマージョンとは、世界と日常的につながっていることを意味しています。

 

定例会の最後を締めくくる言葉は、聖パウロ学園理事長の高橋博先生にお願いしました。高橋先生は、在校生はもちろん、新入生保護者から「私学に入れて良かった」という声がもらえたことがとても印象に残っているとお話され、こういう声を忘れないようにケアをしていただきたいという激励と、長い定例会の参加をねぎらう言葉を頂戴して、2時間半を超えるオンライン定例会はお開きとなりました。

 

今やオンラインはリアルの代替なのではなく、もう一つのリアルです。ICTの進化は、学びの新たな地平を創り出す方向に加速していくことでしょう。本当の21世紀型教育というのはここから始まっていくのだと強く感じた定例会でした。

 

21st CEO 1st Online Conference “Toward the Future of Learning” in 2020 (2)

Following the keynote, three guests introduced their new projects. The first was Mr. Alex Dutson, who participated from his home in the UK.

  

Mr. Dutson is the author of Thinking Experiments and a leader in teaching Philosophy. He was asked to participate in the conference this time to share his thoughts. "Philosophy" is a concept that infiltrates the three pillars: C1 English, PBL, and ICT. All of which are promoted by our organization. Philosophy will also ultimately become one of those pillars itself.

 

To date, the 21st Century Education Organization has promoted the use of ICT at member schools through accreditation. Under this requirement, the schools of the 21st Century Education Organization were the first to respond to online learning, because all students had tablet terminals and PCs, and teachers were ready to make effective use of them. At present, it can be said that our member schools maintain their superiority in ICT and online learning. However, technology is continually advancing. The advantage of using such tools will soon become obsolete, as it becomes easier for schools to implement them.

So what should we do with ICT tools? It’s the power of questioning that enables us to find a guideline for an unpredictable future, and it’s the power of dialogue that creates wisdom while collaborating with others. Philosophy classes foster such power. Mr. Dutson's Philosophy lessons are not only for returnees who make full use of their ability to think creatively in English, but also for students who want to develop their creative thinking ability, as well as for teachers who practice PBL.

Mr. Kohei Kuboyama is an engineer in graduate school at UCLA. He has put together a team of engineers, alongside a friend at the University of Tokyo. Together, they’ve built a unique system for searching online video content. With the spread of 5G, the next-generation communication system, the demand for video and online classes will continue to increase. It was suggested as well, that the 21st CEO promotes the thinking skills and that the video database corresponds to lesson activities, as it will be a great help to teachers.

Erin Batty is the administrator of the 21st century learning community "GLICC", and also a teacher of English studies for university students overseas. Ms. Batty introduced her proposal to conduct research that will be a helpful addition to Mr. Kuboyama's database, and which provides information to teachers at member schools. The purpose is to organize learning content already available online into categories, and share the information in the 21st CEO forum.

 

After the proposals from our three guests, we were divided into six subcommittees, and each school's teachers had discussions and dialogues on each theme.

21st CEO’s 1st Online Conference “Toward the Future of Learning” in 2020 (1)

On Thursday April 23rd, the 21st Century Education Organization’s regular meeting was held online. Since we weren’t sure how long schools would be closed, we asked about fifty teachers from member schools to join us, and share their responses on behalf of their schools, as most take part in online learning.

Taking advantage of being online, guests from both London and Los Angeles presented at this regular meeting. They introduced their proposals for new projects, and I was inspired by this to think of future methods of learning, in a post-Corona era.

 

We utilized Zoom breakout sessions as well during our meeting. In six of our sessions, teachers relayed the information presented to their schools, and received great enthusiasm of moving on to the next stage. It was an opportunity to reaffirm that the 21st Century Education Institute's school is a world-class school that can adapt and respond in a time of crisis.

The meeting lasted for about two and a half hours beyond the scheduled time. Since it was decided that participation would be from the comfort of our homes, it was a regular meeting which included consideration for the health of our attendees.

"Private School Survival Declaration in the Current Decade” by Fujimigaoka Gakuen President Susumu Yoshida

Mr. Yoshida, president of Fujimigaoka Gakuen plans to improve students' social and creative thinking skills, as well as judgement and expressiveness, while keeping in mind that secondary education is required even under these circumstances. He confirmed the importance of a variety of factors, in this type of learning environment. He affirmed also, about the gap in correspondence between schools in terms of online learning. Especially what should be asked of educational administration, about the delay in correspondence between public schools, and also the need for private schools to develop this.

"Global Education in the Global Crisis" by Yakumo Gakuen Teacher Ryuhei Kondo

Originally supposed to be the host school for this meeting, Yakumo Gakuen’s Teacher Kondo has developed a global learning environment through online exchange and classes. He’s done so by utilizing ICT for study abroad programs, without having the need to go abroad. He said it’s possible to do so, and that it’s necessary to take part in this type of learning environment, so that experiential global education can immediately resume when the crisis situation ends.

"The Real Value of Global STEAM" by Mr. Hirakata, Dean of Kogakuin University Junior and Senior High School

Mr. Hirakata of Kogakuin began presenting while sharing a photo of the United Nations Headquarters in New York, as well as a slide with 17 goals of SDGs. New York has been one of the most affected cities during this outbreak. While recognizing the difficulties we’re facing, it was once again pointed out what type of education each member of the 21st Century Educational Organization should aim for, through STEAM and PBL. Mr. Hirakata also mentioned the importance of a Global 3.0, which the 21st CEO has been promoting.

"Future Roles of the 21st Century Education Organization" by Mr. Atsuo Nagatsuka, Dean of Junten

Mr. Nagatsuka pointed out that while ICT is useful for personalization, its potential as a tool for connection and cooperation online is expanding. It can be said so for the English language as well, but since it’s easy to forget about the tool and what it’s used for, it’s important to remember the "philosophy” behind it. It has been emphasized that in online learning, it’s necessary to enhance the developing "interactive online learning content", by taking advantage of ICT as an easy way to measure outcomes with things like rubrics.

Pages